sucre*farine

xxsucrexx.exblog.jp ブログトップ

タグ:ジャム ( 6 ) タグの人気記事

中華街・山下公園を満喫散策♪

先日、友達親子と横浜中華街、山下公園エリアで遊んできました~♪
a0158790_1811675.jpg

もう、この日は最高に天気が良くて(≧ω≦)散策日和でした!
空と海が青い!!!
a0158790_18112014.jpg


この日会ったのは元同僚のMさん。
以前、私が友達の結婚式でカップケーキタワーを作った時のこの台を貸してほしいとの事で、
それを引き渡しがてら中華街で食べ歩き♪

ランチは謝甜記貳号店写真ないけど。
中華粥の有名店ですね。今回もやっぱり中華粥が美味しかった♡
ランチセットで、海老粥と肉まん、梅味噌付き鶏唐揚がついたものを注文したけど、
中華粥がダントツ美味しかったなぁ(*´∀`*)
いつ食べても思うけど、毎日朝食に食べたい。。。


Mさんの3歳のムスコくんが一緒なので「海とお船を見に行こう!」と山下公園に移動すると、
船を見て大興奮のムスコくん。
a0158790_1882594.jpg

山下公園はお花もきれいで桜も咲いてて写真を撮りたかったけど、ムスコくん一目散に海&船の方へ。
お花はこれしか撮れなかった(´ω`;)
a0158790_1643493.jpg

もう何年ぶり!?と記憶もないくらいひさしぶりに氷川丸に乗ってみました。
有料で大人300円だったかな?

そういや、山下公園に来ればいつも氷川丸が鎮座していてその存在はもちろんよく知っていましたが、
氷川丸ってどんな船!?という知識は全くナシ。
地元横須賀には三笠という船がやはり鎮座していて、こちらは大砲とかもついてて戦艦ということは知っていますが、氷川丸も戦艦なのかな??
というレベル(´ω`;)

氷川丸は戦艦ではなく貨客船で、1930年にできたそうです。
戦争中は病院船として活躍し、引き揚げ船としても使われたみたいですね。
客船なので、中は客室や食堂、社交室や喫煙室なんかもありました。
タイタニックみたいなイメージ(ΦωΦ)

船内はけっこう広くて見応えありました。
客室とか復元されていておもしろかったです♪

3歳男子は大はしゃぎ・・・。
a0158790_17285812.jpg

あちこち触って、走り回って、あっという間に走っていくので追いつけませんー(´ω`;)
なかなか船から降りようとしてくれないので「かき氷食べよう!」と誘い出しました( ̄∀ ̄*)

ワーイ!かき氷ーーー!!!
a0158790_17315990.jpg

3歳男子より大人の方がテンション上がる(ΦωΦ)//♪
だってこのボリューム!そしてキメの細かいふわっふわな氷!!サイコー!
a0158790_17352956.jpg

私はこの抹茶あずきにしたのですが、これを持って移動中に上に乗ってたあんこが転がり((◎д◎;)
道端で「あーーー!」ととっさに出た声は非常にドスがきいてて通行人の注目を集めてました。
恥ずかしい(*´Д`*。)
手の方に転がってきたのであんこはそこでストップして、落下は免れました。良かったー♪


この後、ミシンも好きなMさんの希望で布屋さんのスワニーにも行きました。
スワニーはおもちゃやDVDなどがあるキッズスペース的なところがあり、
そこでアナ雪がやっていたので、私はムスコくんと一緒に真剣に見入ってました (´ε`;)ゝ
Mさんは1人でゆっくり店内を見れて感激していて、私を気遣って戻ってきてくれてましたが、
私はアナ雪に夢中だったので、もっとゆっくり見てきてくれて良かったのに~。笑
アナ雪、途中からだったので、、、最初からもっとゆっくり見たかったー!

その後再び中華街に戻り、焼小龍包とごま団子を食べて、食べたいものは全て食べて、
いやはや大満喫ですよ゚+.(・∀・)゚+.


そしてそして、Mさんはカップケーキタワーの台のお礼に、とお菓子を作ってきてくれました♪
a0158790_17472576.jpg

バナナケーキと夏みかんのジャム。なんと朝5時起きで作ってくれたそうです(T-T*)
料理上手なMさん、バナナケーキも美味しくってあっという間になくなりました。
今は夏みかんジャムを楽しんでます~♪
a0158790_17511159.jpg

カップケーキタワーは、内輪でやる友達の結婚パーティで使うそう。
どんなタワーになるのか楽しみ~(≧ω≦)♪




カップケーキタワーはコレ。
透明のアクリルのシンプルなデザインで使いやすいです!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
こちらの画像↑をクリックしていただけると嬉しいです♪


よろしければこちらもクリックお願いいたします♪

[PR]
by sucre_farine | 2015-03-31 18:16 | 日記 | Comments(4)

甘夏スイーツとパン

我が家で大人気のデザートがあります。
それは、、、甘夏バナナ!!!
a0158790_23281465.jpg

まぁなんてことのないモノなのですが、、、甘夏に適量お砂糖をかけてバナナと合わせたモノ。
ですが、これが最高にウマイ(≧ω≦)♪

私、大好物で食べだしたら止まらない~!
砂糖の浸透圧で甘夏から水分が出てとってもジューシー♪
甘夏の酸味とバナナの甘味の相性も◎

姉も大好き、甥っ子のにいにも大好き。
取り合いです(`ω´)
a0158790_23314525.jpg

我が家のご近所さんの庭に甘夏の木があって、今年たーくさん甘夏がなっていたんですよね。
それをお裾分けいただいたのです♪

ちなみにこのデザートは一緒に住んでいた祖母が昔からやっていたものだそうで。
当時は甘夏ではなく夏みかんで、甘夏より酸っぱい夏みかんを食べやすくするために
砂糖とバナナと合わせて食べていたそうです。

甘夏はたくさんいただいたのでマーマレードにも。
あ、ちなみに甘夏バナナもマーマレードも全部母作。私は食べるだけ~( ̄∀ ̄*)♪

a0158790_23402463.jpg

ある日、帰ってきたら玄関の外まで柑橘のアロマが~♪
家じゅうとってもいい香りでした。

そんな甘夏スイーツたちのお供に、、、
というわけではないけど、今日作ったパンたち。
a0158790_23415890.jpg

今日のはどっちもわりとうまくできた気がする。
山食は山頂がどうしても焦げるので、オーブンの上段に天板を入れて上火を少し抑えてみたら
まぁまぁいい感じに焼けたかな。
でも窯伸びって・・・?という状態は変わらず。
味は美味しかったからまぁいっか~(´ω`;)




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
こちらの画像↑をクリックしていただけると嬉しいです♪


よろしければこちらもクリックお願いいたします♪

[PR]
by sucre_farine | 2015-02-26 23:49 | パン | Comments(0)

【レシピ】しつこくも角食。黒糖くるみパン&いちじくジャム

↑角食、の前につける言葉がそろそろネタ切れしてくると思いますが、、、(´ω`;)
今日も元気に角食を焼きました!

えーとその前に、今回一番お気に入り写真の黒糖くるみパンからいきます!

a0158790_20011459.jpg

今日はお砂糖を黒糖にしてみました。
年季の入った黒糖がずっとちょっぴり残っていたもので。
あ!くるみパンに使おう!とひらめいたわけです。

でも、計ってみたら15gしかなく、30~40gくらい入れたいなぁと思っていたので全然足りない。。
そこで登場したのが黒糖よりもっと年季の入った黒みつ。
こちらを25g加えて、合計40gにしてみました。

黒糖とくるみは相性最高。✧。(ΦωΦ)。✧。
味も成形もふんわり感も、今回が一番良かった気がします!!!
a0158790_20454850.jpg


そして角食ですよ。ハイ。
a0158790_20051243.jpg
むーーーん、、、(# ̄З ̄)
なんか、こう、ちょっと違う???という感じが。。。いつもですが。。。
正直、理想がどんなのかもよくわかってないのですが、笑
でもなんか、コレだ!!!感がない。
今日のは四隅が膨らみ切ってなくて、皮だけふくらんでる。。押すとふかふか。

ホイロ後、オーブンに入れる直前はこの高さ。
もうチョイふくらましてからでも良かったのかな。
あ、コールドスタートにはしませんでした。
a0158790_20083075.jpg

いつも、生地は分割せずにやってるのですが、それだとやっぱ四隅の角が出にくくなるのかも。
次は分割して成形してみよっ。

断面はこんな。
上部に大きな穴が空いてます(T-T*)
a0158790_20102765.jpg

粉はイーグルにしてみました。
なぜなら、お安いから(・∀・)
富沢商店で イーグル334円/kg はるゆたか100%529円/kg なので、
イーグルでもおいしくできるならいいなぁと思ったのですが、
・・・やはりはるゆたかに軍配!!!甘味もふんわり感もはるゆたか、やっぱいいなぁ♡
イーグルも悪くはないですが、味わいがあっさりというか、モノ足りなく感じてしまう。。

今回くるみパンもイーグル。甘さや味をつけるパンで、粉の味わいをあまり求めないパンにはいいな。
食パンは、粉をとことんこだわるべし!ですな。


本日のランチ。
Ceramika Artystyczna(ツェラミカ アルティスティッチナ)の食器で♪
a0158790_20211830.jpg

パンに塗っているピンクのものは、、、

a0158790_20235673.jpg
いちじくジャム♡
これも、いろんなブロガーさんが作っているのを見かけて、作ってみた~い!と影響されたもの。
きれいなピンクにできました(*ΦωΦ*)

いちじくジャム、初めて作ったけどおいしーい!
母も気に入ったようです。この前のブルーベリージャムよりいちじくジャムのが好きだそうです。


パンもジャムも、手作りはおいしいな♪
すっかりパン作りにはまっている2014の初秋です。



【黒糖くるみパン】8個分
イーグル 200g
黒糖 15g
黒みつ 25g
ゲランドの塩 3g
スキムミルク 10g
safインスタントドライイースト(赤) 4g
卵 15g
水 100g
無塩マーガリン 10g
くるみ(ロースト)45g(飾り用はきれいな形のものを8個別に用意)

ホームベーカリーで生地捏ね25分くらい くるみは最後に手で混ぜ込む
一次発酵 30℃60分くらい
分割・ガス抜き・丸め 8等分(約50g/個)
ベンチタイム 15分
成形・切り込み
二次発酵 35℃45分くらい
塗り玉・飾りくるみ乗せ
焼成 180℃15分

レシピはこちらを参照しました。

(メモ)
甘さほど良い。黒糖の風味とくるみの相性◎
糖分が多い生地のため、耐糖性のイーストがあればその方がいいかも。今回赤safなのでちょっと多めにしてます。
成形は丸めた後、少し平たくなるように押さえた。この方がいい形にできる気が。
二次発酵前に切り込みは入れた。
二次発酵はいつも短かったようなので、今回はしっかり膨らむまで行った。

a0158790_20482102.jpg

【角食】1斤分
イーグル 250g
素焚糖 13g
ゲランドの塩 4g
スキムミルク 5g
safインスタントドライイースト 2g
水 175g
無塩マーガリン 13g

ホームベーカリーで生地捏ね30分くらい
常温(25℃)で1時間20分くらい置き、2倍くらいに膨らんだところでパンチ
パンチ後冷蔵庫で8時間
丸めなおしてベンチタイム20分
ガス抜き・成形・型に入れる
二次発酵 30℃途中から35℃で80分くらい
焼成 210℃35分

(メモ)
いつも焼き上がりが遅くなり、待ち構える両親のプレッシャーを感じるので (´ε`;)ゝ
今回夜のうちにパンチまで行って冷蔵庫に入れました。
翌日10時スタートで12時45分くらいに焼きあがる。
次回は2分割して成形する!


【いちじくジャム】
いちじく 480g
グラニュー糖 150g
レモン汁 11g →本当はもう少し酸味欲しかった。これしか取れなかったので。







8時間冷蔵発酵後の生地。
こんなに膨らんでました!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
こちらの画像↑をクリックしていただけると嬉しいです♪

よろしければこちらもクリックお願いいたします♪

[PR]
by sucre_farine | 2014-10-04 21:11 | パン | Comments(0)

ピザ&角食&ブルーベリージャム

昨日とうってかわり、今日は冷たい雨。。。
夏から秋へ、一日こんなにも変わるのね~。
どんより雨ふりな今日はパン作りに勤しんでみました。

お昼ごはんになったピザ2種。
a0158790_2374578.jpg

手前はトマトソースにベーコン、ししとう、ミニトマト、バジルを乗せたもの。
ししとう、バジルはお庭栽培のもの。

トマトソースは友達が働いている青山のオーガニック食材の店、デイルズフォード
一番人気というオーガニックのトマトケチャップ。
サラッとしていてトマトのフレッシュ感があって、ケチャップというよりトマトソースに近いです。
ピザソースにもピッタリでした~♪
このケチャップ、本当おいしい♡

奥のピザは一昨日の残り物カレーを使ったカレーピザ。
お庭栽培のナスを乗っけて焼きました。

ピザクラストはネットで検索したこちらを参照してます。

実はピザ作りは初めてだったのですが、短時間で作れるし、
甥っ子たちもピザは好きみたいなので今度一緒に作ってみよう♪


そして角食。
a0158790_2320942.jpg

・・・なんか、変???
角々しすぎ?色白すぎ?
誰か私に正解を教えてくださーい( ̄ω ̄;)

そもそも、二次発酵の時に蓋を閉めるタイミングが遅くて、
生地を押し込みながら無理やり蓋をしたのですが、
生地が蓋にくっついてちゃんと閉まらなかったんですよねぇ (´ε`;)ゝ←この時点で失敗決定。

で、当然ながらこうなる。
a0158790_23252634.jpg

せっかくCHIYODAの良い型を使っても作る人に技術がないと型の良さが活かせないー(´Д`;)
もはや写真も撮らなかったけど、生地もイメトレとは違ってなんかちょっと粗い(-ω-;)
しっとりきめ細かな角食が焼けるようになりたいよ~!


もひとつはパンのお供に。ブルーベリージャム。
a0158790_23304447.jpg

ブルーベリーがいっぱい冷凍されてて、ジャムにしてー、と母からの依頼。
ジャムの煮詰め具合っていつも適当でよくわからない。
今日のはちょっと煮詰めすぎたかも(´・ω・`)。。。
a0158790_23324995.jpg

(備忘録)
ブルーベリー655g
グラニュー糖270g
レモン汁1/2個分(12gくらい)
を鍋に入れて煮詰めました。

糖度40%くらいでけっこう酸味も感じます。
酸っぱいの好きの甥っ子が喜びそうなジャムができたかなぁ(ΦωΦ)♪
来週末来る予定なので食べもらおうっと。




やっぱパンは難しいぃぃ。
独学で上手に作ってる人って本当にスゴイ!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪


記事を楽しんでいただけたらクリックお願いいたします♪

[PR]
by sucre_farine | 2014-09-07 23:45 | パン | Comments(2)

キッシュ&苺ジャム

先ほどcottaで買った商品を届けにきたヤマトさんに「よく製菓材料買ってますね。」と言われました。
よくご存じで!いつも同じ人が配達に来てる感じでもないんだけどなー。
ちなみにその方は元コックだそうで。だからわかるのかー。
確かに、ここ半年でcottaや富沢商店、cuocaからの荷物は何度も届いてます。仕事で使う分もあったのでけっこう買ってました。



さて、週末は実家にて。
母が、近所の方からキッシュをいただいておいしかったー!という話をしていたので
急遽キッシュを作ってみました。

ブリゼ生地をタルト型に敷きこんで、家にあった舞茸、ベーコン、玉ねぎ、スナップエンドウを具材に。
初めて作ってみたけどうまくできたー(ノ*´▽`)ノおもてなし料理で使えそう♪
a0158790_21293059.jpg




そして、甥っ子たちにジャムのお土産。
またまた苺ジャムを作りました。
前回は苺を一粒そのままジャムにしましたが、粒が大きいと食べすぎちゃうので今回は1/4にカット。
小さい子供がたくさん食べるので、砂糖はきび砂糖で糖度は低めの38%です。
a0158790_2142830.jpg

前回と同じ分量で作ってBonne Mamanの瓶にちょうど2つ分。
脱気するのにお湯につけてたら剥がれなかったラベルがきれいに剥がれた!(・∀・)ラッキー♪

■ジャムの瓶の脱気方法■
瓶はキレイに洗ってアルコールで消毒しておく。
ジャムは熱いうちに、瓶の淵から5~8mnn程度下までジャムを詰める。
瓶のフタを軽く締め、瓶の8分目くらいまで水をはった鍋に入れ、弱火で20~25分くらい加熱。
瓶を取り出したらすぐにフタを締め、瓶を逆さまにして冷めるまでおく。

逆さにすることでフタの内側も殺菌されるそうです。
これで常温でも長期保存が可能との事ですが、
低糖度だったり水分多めだったりするとやっぱり怖いので冷蔵庫で保管してます。




記事を楽しんでいただけたらクリックお願いいたします♪


More
[PR]
by sucre_farine | 2013-05-13 22:49 | お菓子 | Comments(0)

苺ジャム、作りました。

もう、そろそろ苺も終わりの季節・・・。
2パック380円の苺でジャムを作りました。
a0158790_13243168.jpg

パンはバターもジャムもつけずにそのまま食べる派なので、実はジャム作りは初。

私は食べなくても、甥っ子たちがジャム大好き。
2人ともパンを食べる時はジャムをつけろとせがみ、
パンはほとんど食べずにジャムの部分だけ器用に食べてたりします。そして怒られる。笑
基本的に、パンを食べるためにジャムをつけているのではなく、
ジャムを食べるスプーン代わりにパンを使っている状態(-_-;)

そんなわけで、苺ジャムなんか作っていった日には大喜びだろうな~と思い、
甥っ子たちのために作りました。
a0158790_1329578.jpg

・・・が!これがウマイ。
どんどん減ってて次に会うときまで残っているかどうか・・・( ᵅั ᴈ ᵅั;)~

その時はまた作るか!!


■苺ジャム■

苺 2パック(ヘタを取る前で1パック約300g)
花見糖 イチゴの38%
レモン汁 1/2個分(25gくらいだったかな?)

1.苺のヘタを取って洗い、重量の38%の花見糖とレモン汁をまぶして一晩おく。
2.鍋に移して5分ほど火にかけアクをとる。再び一晩ねかせる。
3.銅鍋に入れて強めの中火にかけ、沸騰してきたらアクを丁寧にとる。
4.103~106℃(小さい気泡が大きくなり、とろみを感じるようになる)まで煮詰めたらできあがり。
5.消毒した瓶につめる。


こんな感じで作ってみました。これでトップ画像の瓶2つ分+ココット1個分。(アバウトですみません)
お砂糖はグラニュー糖でもいいし、もっと多くても、多少減らしてもいいと思います。
このレシピだとけっこう酸味も感じました。
あと、2は省略しても良いそうです。
a0158790_13534829.jpg



今回は銅ボウルを使って煮詰めました。
銅ボウル、大活躍!買って良かった~♪(๑˃̵ᴗ˂̵)و
この前のシュークリームの時も本当重宝しました。
a0158790_13543880.jpg

私はコレを購入しました。
安くはないけど、お菓子をよく作る人にはオススメです。





記事を楽しんでいただけたらクリックお願いいたします♪

[PR]
by sucre_farine | 2013-05-03 13:57 | お菓子 | Comments(0)
line

手作りお菓子&パンをのんびりまったり更新


by kasumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31