sucre*farine

xxsucrexx.exblog.jp ブログトップ

キッシュ&苺ジャム

先ほどcottaで買った商品を届けにきたヤマトさんに「よく製菓材料買ってますね。」と言われました。
よくご存じで!いつも同じ人が配達に来てる感じでもないんだけどなー。
ちなみにその方は元コックだそうで。だからわかるのかー。
確かに、ここ半年でcottaや富沢商店、cuocaからの荷物は何度も届いてます。仕事で使う分もあったのでけっこう買ってました。



さて、週末は実家にて。
母が、近所の方からキッシュをいただいておいしかったー!という話をしていたので
急遽キッシュを作ってみました。

ブリゼ生地をタルト型に敷きこんで、家にあった舞茸、ベーコン、玉ねぎ、スナップエンドウを具材に。
初めて作ってみたけどうまくできたー(ノ*´▽`)ノおもてなし料理で使えそう♪
a0158790_21293059.jpg




そして、甥っ子たちにジャムのお土産。
またまた苺ジャムを作りました。
前回は苺を一粒そのままジャムにしましたが、粒が大きいと食べすぎちゃうので今回は1/4にカット。
小さい子供がたくさん食べるので、砂糖はきび砂糖で糖度は低めの38%です。
a0158790_2142830.jpg

前回と同じ分量で作ってBonne Mamanの瓶にちょうど2つ分。
脱気するのにお湯につけてたら剥がれなかったラベルがきれいに剥がれた!(・∀・)ラッキー♪

■ジャムの瓶の脱気方法■
瓶はキレイに洗ってアルコールで消毒しておく。
ジャムは熱いうちに、瓶の淵から5~8mnn程度下までジャムを詰める。
瓶のフタを軽く締め、瓶の8分目くらいまで水をはった鍋に入れ、弱火で20~25分くらい加熱。
瓶を取り出したらすぐにフタを締め、瓶を逆さまにして冷めるまでおく。

逆さにすることでフタの内側も殺菌されるそうです。
これで常温でも長期保存が可能との事ですが、
低糖度だったり水分多めだったりするとやっぱり怖いので冷蔵庫で保管してます。




記事を楽しんでいただけたらクリックお願いいたします♪




さて、当の甥っ子。今回は下の甥っ子だけで、30分くらいしか会わなかったのですが
なんだか背が伸びた!?
a0158790_22103042.jpg

じいじやばあばが庭に出ると必ず一緒に出てきます。
そして洗濯物干しやお花の水やりのお手伝い~。
a0158790_22112628.jpg


しゃべらない男、下の甥っ子もだんたんと言葉は増えてきていて、
この前まで「ちゃん!」だった「おとうさん」が言えるようになってました。
「とぉたん」って感じですけどね。そして、お母さんや私の事は相変わらず「ちゃん!」(´ω`;)

最近は二語話すようになったと姉は言うのですが、話すのは
「あらし」「みせて」だそうで。
姉の嵐英才教育の賜物で、下の子は上の子以上に嵐好きのようです。


わりと愛想がよくて言われた芸はきちんとやってくれてた上の子に対して、
下の子は一筋縄ではいかないあまのじゃく。

「何歳ですかー?」 →「さんしゃーい!」(実際は2歳)
「お名前は?」 →「にいに!」「あんちゃん!」「しゅう!」(にいには名前じゃないし、他は友達の名前)

「えー?違うんじゃないー?」と言うと「ギャハハッ」とデビルスマイルで応戦です。
わざと違うことを言って相手が「えー?」と言うのを楽しんでるんですよねぇ。

そして聞かれても答えたくないことや面倒くさいことは「ん?」「ん?」と言ってわからないフリを流す。

ある意味大物というか、賢いのかもしれないなーとも思いますが、
まぁ兄弟でもこうも性格が違うものなのねー、と見ていて楽しいです。
次会うときはどんな成長が見られるかな~(ΦωΦ)
a0158790_223430100.jpg

[PR]
by sucre_farine | 2013-05-13 22:49 | お菓子 | Comments(0)
line

手作りお菓子&パンをのんびりまったり更新


by kasumi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30